ノートパソコンメーカー

デスクトップパソコンは便利ですが、「その場から動かすことができない」という大きなデメリットがあります。そのため、外出先でパソコンをチェックするにはどうしてもノートパソコンが必要になります。最近のノートパソコンは内部システムに加え、高性能のものがたくさん登場しており、デスクトップと比較しても小さく、持ち運べるという利点があるため、ほぼ差はなくなってきています。

11インチのノートパソコンを例にあげると、11インチという画面の大きさは非常に小型で軽量なのでカバンにすっぽりと入ります。ただし、キーボードによるタイピングがしにくいという傾向があります。それに対して14インチクラスでは画面も大きく、キーボードもちょうどよいため使いやすいのですが、持ち歩くにはやや大きめという傾向がありますので、カバンに入れて持ち運ぶ人は大きさを確認してから買うようにしましょう。

ノートパソコンのスペックはデスクトップ以上に多彩なものが多く、光学ドライブ搭載、WiMAX搭載、無線LANカード内蔵など、自分に合わせたものを買うことができますので、これからパソコンを買う人はノートパソコンの購入を検討してみてもよいかもしれません。そのさいにはメーカーの直販サイトをチェックすると、より安価で高性能のノートパソコンが手に入る可能性があります。